wildcat’s blog

やまねこの日々をつらつらと

パンク修理の方法とかやり方とか スペアタイヤがなくなって自宅でできるようになったお話

 

 

 

 


f:id:wildcat_top_of_hill:20190801211135j:plain

 

 

さて、パンクした経験あります?

それで、どうしました?

 

いくつか方法ありますが、ここから先の話は、自分でパンク修理をする話です。

 

1 はじめに

 

 とにもかくにも、クルマを安全な場所まで移動させてください。少なくとも車が行き交うような場所はアウトです。

 あと、できればジャッキアップすることになるので、コンクリートアスファルトの地面の場所にしてください。

 安全には、気を遣うというのは最低限のことです。最悪、命に関わります。

 

 

 

2 必要な道具です

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190801205206j:plain

パンク修理セット

 BAL / 大橋産業 パワーバルカシールタイプ。他にもエーモンからも販売されています。どちらもホームセンターで手に入ります。
 

 
プライヤ-(しょぼいので十分です)
 
マイナスドライバー(これもしょぼいので十分)

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190801205210j:plain

 

 ウェス(いろんなもののふき取り用)。なければティッシュでいけます。

 カッターナイフ

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190811232144j:plain

 

 あとは、車載のポンプ。タイヤレンチ。ジャッキがあれば充分です

 

 

3 修理のやり方

 

いよいよ修理のやり方です。

まず、できればパンクしたタイヤを外します。外さなくてもできますが、非常にメンドクサイです。

 

① 空気が漏れている場所を特定する

 

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190801205203j:plain

 

 これが、最初にして最大の関門です。漏れてる場所さえわかれば、修理は半分以上終わったも過言ではありません。

 画像のように、何かが刺さっている場所を探しましょう。マイナスドライバーやプライヤーを使って抜きます。

 

が、

 

タイヤに空気が残っていれば、刺さっているモノを抜いた瞬間に「ぷしゅ~」っと空気が抜けてきます。残っていなければ、ポンプで空気を入れてみます。

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190813215917j:plain

 画像のように洗剤を混ぜた水をつけると、泡がぷくぷく出てきます。

出てこなければ、次の場所を探しましょう。

 

ここで、注意!

 

 異物を抜いたすぐだったら、刺さっている場所を憶えていますが、すぐにどこだったかわからなくなります。

 ですから、できれば抜く前に、漏れているか確認した方がいいですよ

 

 

② あとはパンクセットの説明書どおり作業する

 です。

 

 

 で終わってもいいんですが、いくつか作業のポイントを

 

 

 異物を抜くときに、刺さっている方向を記憶しておく

 

 異物はまっすぐ刺さっていません。必ずといっていいほど、斜めに入っています。その方向のとおりに、修理剤を差し込まないといけません。

 

方法は、まず修理剤が入るだけの穴を広げます

このとき、接着剤をつけながらやっていき、穴の中に接着剤を塗り込んでおきます

f:id:wildcat_top_of_hill:20190813220743j:plain

 

次に修理剤に接着剤を塗り込んで、先ほど広げた穴に突っ込みます

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190813220805j:plain

 

 次にひねらずにまっすぐ治具を引き抜くと、修理剤だけが残って穴をふさいでくれます。あとは、余った修理剤をカッターで切り取ります。めんどくさければそのままでもいいかもしれません。どうせ使っているウチに無くなりますから。

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190811232144j:plain

 

あとはポンプで空気を入れて、タイヤをもどしたら終了です。

 

ここで再び注意!

 ポンプは、あくまで非常用として用意されているものです。簡単に言うと能力的には、すごいしょぼいものです。ですから、空気圧ゼロから規定圧まで一気に空気を入れると、ポンプが過熱して壊れる可能性があります。ですから、1分動かしたら1分休みをいれるくらいのほうがいいですよ。

 

4 最後に

 

 一度パンクしたタイヤって強度が落ちているんでしょ?

 

 とおもうでしょ?

 

 そりゃ~あり得ることはあると思いますよ。例えば異物がタイヤの中に入っているワイヤーを切断した場合なんかは、確実に強度は落ちていますね。ただ、そんな場合はそもそもパンク修理は不可能なくらい、タイヤが破損していると思うんです。

 実際、両手じゃ足りないくらいバイクたクルマのパンク修理やりましたが、パンク修理あとから空気漏れしたとか、タイヤが破損したとか、一度も経験したことありません。高速道路もバリバリ走ってました。

 

 そのくらい、修理剤を差し込んだ場所は、タイヤと一体化してます。

 

 

 

 

 

 

 

スペアタイヤがないクルマが多くなりました  かえって便利になりました

前回に続いて

スペアタイヤの話です。というか「無くなった」話です

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190801211135j:plain

パンクの話は後回しにして、どこがどう便利になったという話ですが、

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190811232144j:plain

 

スペアタイヤの代わりに、ポンプが付属するようになったことが大きいですね。

メリットはいくつかありますが

 

1 いつでも、タイヤ空気圧のチェック&補充ができる

 

 空気圧のチェックならいつでもできます(ゲージさえ買えば)

 スタンドに行けばいつでもチェックと補充はできます(スタンドに行けば)

 これがあると、いつでも気が向いたときに、タイヤ空気圧のチェック&補充ができます。

 

 

2 自分でタイヤ交換ができる

  

f:id:wildcat_top_of_hill:20190811232929j:plain

 

 さすがにクルマではなくてバイクの話ですが、こうやってクルマのジャッキを利用してビードを落として

 

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190811232924j:plain

 

 ポンプを使って、ビードをあげて空気が入ります。これでタイヤ交換終了です

 

 

3 本格的なパンク修理が自分でできる

 

 ガソリンスタンドや整備工場でやっているパンク修理。これが自分でできるようになります。(ちょっと道具を揃える必要がありますが)

 

 詳しくは次回に紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

スペアタイヤがないクルマが多くなりました 不便になりましたか? いいえ、かえって便利になりました

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190801211135j:plain

 

いきなりのタイヤの画像

わかりにくいですが、パンクしてます。

 

そんなときに頼りになるのが、スペアタイヤ。まさに、ついてて良かった!

そんな時代もありました。

今はそんなことは昔話になりつつありますね。

 

昔は、スペアタイヤがあって、パンタジャッキがあって、車載工具があって、というのが常識でした。しかし、セレナにあるのは、ジャッキと車載工具のみ。車載工具もホイールレンチとジャッキをあげる棒だけでした。昔は、スパナとかドライバーとかプラグレンチなんかもあったんですけどね。

聞く話によると、C27型では、ジャッキもなくなってるそうです。

 

では、パンクしたらどうするのか?

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190801205216j:plain

 

これを使ってください。ということだそうです。

中身は、空気入れのポンプとパンク修理剤。でもですね、パンク修理剤にバッテンつけてますが、これって命に関わる事態でないかぎり使わない方がいいです。

ちなみに、これを使うとどうなるかというと、タイヤとホイールの内面全体に樹脂のようなベトベトがびっしり付きます。タイヤはもちろん修理不能ですし、ホイールも清掃にすごく苦労します。さらに、ポンプも使用不能になります。

しかも、使用期限がありますから、使いたいときには期限切れで使えなかった。ということにもなりかねません。

 

じゃ、パンクしたらどうするのよ?まじめに考えると不安になりますが。

 

そもそもパンクした経験ありますか?

あったとして、パンクに気づいたのは、いつ、どこで、ですか?

そこはスマホの電波圏外でしたか?

そう考えると、ほぼ「何とかなる」場所ですよね。逆に、パンク修理剤を使わざるを得ない状況というのは、ほぼ無い!といってもいいかもしれません。

 

というわけで、パンク修理剤が無くても、そう困ることはない。というのが私の見解です。

 

さらに、スペアタイヤが無くなって、かわりにポンプが付いたことで、かえって便利になった。

というのが私の感想です。

 

 

では、どこか便利なのか?

パンクしたらどうするのか?

 

このあたりを次の話題にしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアワイパー(樹脂製)のゴム(リフィル)交換する

今回紹介するのは、リアワイパーのゴム。前の車を見ると、ゴムがベロ~んとぶら下がっていたりします。

というくらい、普段はまったく気にしないところなんですよね。

というわけで「こんなん,イラナイ!」と取っちゃてる人もいますが,後ろを確認するために,ワタシには必要な装備です。 もちろん使用頻度は少ないんですが。

でも、泥水まみれになることもあって,消耗は早いですね。

 ブレードの外し方ですが,矢印方向に動かすとあっけなく外れます。必要なのは「勇気」のみです。

f:id:wildcat_top_of_hill:20190723210417j:plain

 

 

 

 

構造はこうなってます。 外す前に,CRCなんかを少量吹いておけば,外れやすいと思います。

 

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190723210422j:plain

 

 

ブレード部です。 画像のポッチが,取付部分の引っかかりになります。 このとおり,かなり簡単な構造なんで,何回もやってると,ポッチを削って外れやすくなるんで,要注意ですね。 それほど,何回も取り外すモノじゃないですが・・・ このあと,こちらもメラミンスポンジで軽く磨いて,アーマーオールを塗布しておきました。

 

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190723210431j:plain

 

 

 

 

交換するゴムですが,あいにくぴったりのモノが,見つかりませんでした。 というのも,長さが合うモノ(350㎜)だと,外れ留めの盛り上がりがあって,きれいに嵌ってくれません。 なので,フリーサイズをチョイスしました。 幅は6㎜で,前よりサイズが小さいので注意してください。

f:id:wildcat_top_of_hill:20190723210439j:plain

 

 

ちなみに、純正品番は

 
 

PIT WORK ワイパーリフィール AY020-TE35A

となります。が、ディーラ経由などで注文すると、定価700円くらいします。

ネットでは、1000円超え+送料。とぼったくり価格のもあるので、要注意です。

これ、かなりの車種で共用になってます。

 

 

 

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190723210445j:plain

なぜか画像がひっくり返ってますが,長さを合わせてカットします。 「ちょっと長め」にしておいた方が,あとで装着するときに 「短かった(T_T)」という思いをしなくて済むので,オススメです。 このあと,ステンレス製の骨を移植します。

というわけで、決して古い方のステンレス製の骨を捨てないことです。再利用します。てか、この骨、ほぼ一生モノです。だから、販売はゴムだけでいいですけどね。

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190723210450j:plain

樹脂製のブレードは,左右とも突起が付いて外れないようになっているので,一度片方をはみ出させておいて,反対側に戻していくと,上手く嵌ります。 ちなみに,外すときも同様の手順でやると良いと思います。

 

 

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190723210455j:plain

 

あとは、ブレードを元に戻して完了です。ハードル高そうな内容ですが、やってみたら簡単にできる内容です。

 

 

 

 

 

ガラス系コーティング剤 比べてみた その2 本当に比べてみた編

 


いよいよ、商品紹介になります。

 

評価項目は、価格、施工性、耐久性となります。

本来ならば、「光沢」も興味があるかと思いますが、正直言って、それほど変わらないです。というのも、商品の出来による差というのは、下地の出来に比べれば微々たるモノでしょう。

 

スーパーピカピカレイン

 

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20190721211324j:plain

 

価格   ☆☆☆

施工性  ☆☆☆☆

耐久性  ☆☆☆☆

 

 価格は、2019年現在、8780円(税込)となっています。高くもなく安くもなくというところでしょうか。「スプレーして吹くだけ」という商品はぐっとお安くなりますが。

 施工性に関しては、説明書では50㎝四方くらいに分割して塗布、その後拭き取る。という作業を繰り返しなさい。とありますので、そのとおりにしました。言葉にすると簡単ですが、境目がわかりにくいので、というか、見た目では、ほぼわかりません。施行済みの部分が、拭き取りウェスのすべりが違うので、その感触を頼りに拭き取っていました。

 耐久性は、3年間ノーワックスとうたっていますが、さすがに無理がありますね。保って1年半というくらいでしょうか。半年後くらいから、水弾きが悪くなり、艶もくすんできます。

 

 

アクアドロップ

 

 f:id:wildcat_top_of_hill:20190721211124j:plain

 

価格   ☆☆☆☆☆

施工性  ☆☆☆

耐久性  ☆☆

 

 

価格は3780円と他2品と比べると激安です。しかも2本ありますから、実質さらに半額!ということに見えます。

 施工性は、他と同じようにやろうとして失敗しやすいです。理由はいくつかありますが、まずパッケージというか、ビンにあります。他の2品は一滴ずつ出せるようになっていあますが、これはただのフタが付いているのみです。これだと、スポンジに液が付きすぎる→ボディに塗りすぎる→拭き取りが大変→塗りむらができる。という悪循環に陥ります。薬剤はさらさらで、スーパーピカピカレインと同じ感覚で拭き取ろうとすると、全部拭き取ってしまうんじゃないかと思うくらいです。ボンネット一枚とかドア一枚とか、かなり広めに塗り込んで、数分時間が経ってから拭き取った方が良いようです。そして、すごい溶液臭です。閉めきったガレージで施工すると、具合悪くなる可能性があります。

 耐久性は、「5年持続」とありますが、そんなことはありません。保って1年というところでしょうか?施工したすぐは、ホントにテカテカですが、しだいにくすんできます。

 

 

 

 

 

 

XNOS『兜(KABUTO)』

 

 f:id:wildcat_top_of_hill:20190721211128p:plain

価格   ☆☆☆

施工性  ☆☆☆☆

耐久性  ☆☆☆

 

様々なところからガラス系コーティング剤が発売されていますが、これをご存じな方はどうなんでしょう?少ないんでしょうか?

価格は8313円とそれなりです。この価格、業者に頼むとすれば激安ではあります。が、ちょっと試してみよう。というには、微妙な金額ですよね。

施工性は、前2つの中間というところです。少し広めに塗布して、しばらく待って拭き取る。という方法がよさそうです。あまり神経質にならずに施工できるという点では、ハードルが低いと言えると思います。

耐久性は、1年半くらいでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

 

 

以上、独断と偏見のみで、3種を比較してみました。共通して言えるのは、施工当初は、どれもきれいな艶が出るということです。そして、すぐに見慣れる。という繰り返しですね。本当に、人間の主観というのはやっかいなものです。

 

 

ガラス系コーティング剤 比べてみた その1 施行方法編

 車を長くきれい保ちたい。車好きにとっては永遠のテーマかもしれません。

そこで、コーティングでもしようかな?ということになります。

でも、店に頼むと結構な金額になりますよね。

 

ならば、DIYでやってみよう。という方のために、

 

どのコーティング剤が良いのか?

どんな風に施工すればいいのか?

 

について、語ってみようと思います。

 

 ただし、ワタシが施工したのは、数年前になりますので、商品によってはモデルチェンジしている場合もありますのでご容赦をお願いします。あと、スプレーでシュッとやる「簡易コーティング」は、ここでは省略します。

 

 

1 施工条件

 

 

 これから紹介するガラス系コーティング剤を施工するにあたってDIYで施工するにはいくつか条件があります。

 

① 屋根付きガレージがあること

 

 というのは、施工後、完全硬化するまで、最低でも48時間程度、水分厳禁になります。当然ながら数日間は晴れの日を選びますが、問題は夜露です。どんなに晴れでも夜露にあたってしまえばおしまいです。

 

② 自由に洗車できること

 

 街中の洗車場で洗車すればいいと思うかもしれませんが、たとえ数百メートルでも走ってしまえば、驚くほど排ガスや砂が車体に付いてしまいます。これから説明しますが、きれいに施工するには、完璧な下地が必要になります。そうなると自宅で自由に洗車できる環境が必要になります。

 

③ 淡色車であること

 

 身も蓋もない言い方になりますが、黒などの濃色車の場合、悪いことは言いませんから、やめたほうがいいですよ。というのもDIYでむらなく施工することは至難の業です。まず間違いなくムラができると思ってください。そうなると、濃色車は、そのムラがはっきり見えてしまいます。それでもやろうと思うならば止めませんが。もっとも失敗してもコーティングが硬化前なら何度でもやり直しは効きますので。

 

④ 秋~春の風のない、晴れの日が最低でも3日、できれば施工日は曇りであること

 

 気温が高いと洗車しにくい。コーティング剤の硬化には水分厳禁。という条件を考えると、この組み合わせがベストになります。

 

 

2 施工準備

 

 

① 洗車します。最初のコレは軽くで構いません。とりあえず泥砂を落とす位で良いでしょう。

 

② 「ねんど」で鉄粉をとります。完璧を目指したい方は、ここで洗車しても構いません。

 

③ コンパウンドでカルキ痕、ピッチ、傷を消します。

 

④ もう一度洗車します。

 

⑤ 水分を拭き取って、ボディの状態を確認します。もし、気になるところがあれば、③に戻ります。

 

 ⑥ 「細かいキズまで見なくします」いうコメントがあったりしますが、そんなことはありません!この時点での状態をコーティングして保存するのが、コーティング剤だと思ってください。

 

⑦ 大丈夫ならば、乾いたタオルで徹底的に水分を拭き取ります。特にウェザーストリップ周辺を重点的に。

⑧ ゴム部分など、コーティングしたくない場所をマスキングします。

 

 

ようやっとですが、これで準備完了です。

 

文字ばかりの記事になりましたが、次回は多少は画像を載せたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ピットワーク エンジンリフレッシュ施工してみた

f:id:wildcat_top_of_hill:20181007202631j:plain

 

先日インマニを洗浄しましたが、満足できる結果になる前に、時間切れとなってしまいました。
プラグは新品になったものの、どうも最近、アイドリング時のエンジンの振動が気になる。


そこで「藁にもすがる思い」で、これを試してみることに。
というのも、あの汚れを見てしまっては、こんなモノでとても取り切れるとは思えないので。

 

あの汚れ

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20180908155114j:plain

 

 

それにもしかしたら、シリンダー回りのカーボンを落として、圧縮のばらつきが改善したら、アイドリング時の振動も軽減できる。ということを期待しての施工です。

 

 

1 準備 その1

 

 まず適当なつっかえ棒を用意します。

 薬剤を注入すると、アイドリングしなくなるので、適当な角材でアクセルを固定できるようにしました。

f:id:wildcat_top_of_hill:20181007201652j:plain


ここで、エンジンをかけてアイドリングを調整しておきます。

 

 

2 準備 その2

 薬剤を注入する場所を探します。

 薬剤を注入する場所ですが、スロットルボディ手前のほうがいいです。その方がスロットルボディに付着した汚れを落とせますから。

 

適当な場所として、画像で囲んだ場所からにしました。

f:id:wildcat_top_of_hill:20181007201923j:plain

 

 下の方で示していますが、ドライバーでバンドを緩めると、簡単に取り外せます。
もし堅いときは、8㎜も使えます。

 

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20181007202016j:plain

 

上の画像が取り外した状態です。
ここに、チューブを差し込んで、ウェスで回りをふさいだ状態で施工します。

さて、手前の部品、というかプラスチック製のボックス。
何だと思います?

長らくナゾだったんですが、中身は空っぽでした。何かのチャンバー的な役目があるんでしょうか?
こんな風に簡単に外れますが、部品はインテークパイプの方と一体でASSYでしか出ません。

 

 

3 注入しましょう

 

施工には専用のチューブが必要になります。

これ、赤い方を缶に接続して、もう片方は、薬剤がミスト状になるように細かい穴が開いています。

なんか長いな~と思って、途中で切らないようにしましょう。

 

 

施工方法は、缶に印刷してありますが。

1 10分程度アイドリングしてエンジンを暖める

2 エンジンをかけたまま、ボタンを押して薬剤を注入しはじめる
 その際、アイドリングが続くようにスロットルを調整する(1500~2000回転くらい)

3 薬剤が注入し終わるまで待つ
 (軽く10分以上かかります)

 

こんな感じです。「ホルダーセットしなさい」と説明書にありますが、倒れない場所に置ければ、こだわらなくてもいいんじゃないかな?

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20181007202409j:plain

 

 

 
 

薬剤の注入が終わったら、10分程度アイドリングを続けます。

その後エンジンを切って、部品を元に戻し、再度エンジンをかけて、空ぶかしをしながら徐々に回転をあげていきます。

決まった作法があるようですが、知らないので自己流です。

 

4 効果のほどは?

 

 

さて、このエンジンリフレッシュという商品。
正体は何なのか、ちょっと調べてみました。

主成分は「ジメチルエーテル」「ブチルセロソルブ」とあります。

 

f:id:wildcat_top_of_hill:20181007202758j:plain


このうちジメチルエーテルは、スプレー缶の噴射剤。
ブチルセロソルブが沸点がちょっと高い溶剤のようです。

ワコーズ、クレ等々似たような商品がありますが、今回コレにしてみました。もしかして他の他商品も同じ成分?

肝心の効果ですが、しばらく乗ってみないと何とも言えないです。
しばらくしたら、レポートするかもしれません。